スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非効率であるがための優位性


 前回不動産投資は最も効率がよく、安全な投資だとここで語らせていただいた。

しかし本当のところ、不動産投資は最も非効率であり、危険性も高い投資にもなり得る本質を併せ持っているものである。

??? 「何言ってるんだ?こいつは」 と言われそうですね(笑)  効率が良いのか、悪いのかはっきりしろ!と。

ブログランキングへのワンクリック応援お願いします。 ⇒ 人気blogランキングへ

 株式には価格はたった一つしかありません。 ある銘柄に対してそれが取引の初心者であろうが、上級者であろうが皆同じ価格を提示されます。

○○の株の今日の株価は、私には1000円で、A君には1500円だった。 なんてことは絶対にありえません(笑)  もしありえるのならばそれはその銘柄の会社に対して私がインサイダーな人間である場合のみとなります。

 しかし不動産においては、A物件の価格が私には1500万円なのに対して、Bさんには1000万円の価格が提示されるかもしれません。 これはこの業界ではごく当たり前のことであり、ある一つの同じ物件に対する価格が決まっていないと言えます。

私が不動産投資が最も非効率だと考える第一点はここにあります。 

 


対して株式投資ならば、パソコン1台があるだけで今の価格がリアルタイムで分かるため、非常に効率的な投資となります。 

 またもう一つの非効率な点は、売買におけるスピード、換金性です。

株式投資ならば、一つの銘柄に対し、毎日膨大な数の取引が行われており、今買いたければ買う、今売りたければ売るということが基本的に可能になります。

しかし不動産においては、株式投資に比べ取引量が断然少なく、買いたい人、売りたい人を見つけるのに非常に時間が掛かることと、売買における手続き等にもかなりの時間を要してきます。

ここが不動産投資の危険性の高さという部分にもなってきます。

 

 ここまで見ていくと、何か株式投資のほうが、楽にスピード良く、安全に快適に投資ができるように感じるかもしれませんが、実は案外そうでもないのです。

投資の基本に戻りますが、投資において一番重要なのは 投機 にならないことです。

投機にならないようにするためには、正しい知識と分析能力、情報収集能力が関わってきます。

詳しいことは前回までの内容を参考にしていただくとして、要は 他人が気付いていない掘り出し物をいかに自分が早く見つけるかが重要なのです。

この点から追っていくと、株式投資ではこの条件を満たすことが容易ではないことが分かると思います。 

自分より頭の良い人、経験値の高い人、資金力豊富な人はこの世の中に星の数ほど存在します。

それらの人と対抗して、掘り出し物を探し当てなければいけないために余程の知識と決断力が要求されます。

当然ですよね? パソコンをつなげば、その銘柄の価格から何から全ての情報が皆平等に閲覧できるわけですから。

この点が実は効率性の高さの欠点にもなってきます。

 

 反対に不動産投資においては、こういったハイテク設備(インフラ)がまだまだ整っておらず、基本的にアナログの世界です。

ここ近年、やっとインターネットによる物件検索が主流にはなってきてはいますが、昔ながらの不動産屋さんではまだまだ紙の上でしか情報を扱っていないところが多数あります。

株式ならば、上場さえしていればその銘柄の情報が探せないなんてことはありませんが、不動産の場合、インターネット上に載っていない物件、または載ってこない物件がたくさんあるのです。

しかも表示されている売買価格は、あくまで売主の希望売却価格のため、交渉によって個々の取引の結果には雲泥の差が生まれてきます。

ここが私が考える、不動産投資の非効率さであり、最も効率の良い投資にも生まれ変われる可能性だと思います。

必ずしも非効率が悪いわけではないのです。  この非効率さをいかに自分に有利に働かせれるかが、ポイントになってきます。

 

 例えば、どうしても見たい映画があるとします。 しかしその映画はとても人気でレンタル屋さんに行ってもいつも貸出中でなかなか手にできません。

そんな時あなたはどうしますか?  

「日本一の在庫数!」等と謳っている大手のお店に出かけるのもいいでしょう。  しかしこういった大手では借りに来る人(ライバル)が多いのも当たり前でしょう。 また在庫の検索ができてしまう便利なシステムが導入されているかもしれません。 すると誰もがそのシステムを利用することにより、確実に自分の欲しい商品を手にしていくことでしょう。  当然その結果自分のお目当てを手にできる確率がグッと下がることになります。

 一方、店舗も小さく、在庫数の少ないある田舎のレンタル屋さんがあったとします。 

システムもお粗末で、前者のような効率化が成されているわけではなく、来店客もまばらです。

当然ライバル(来店客)が少ないですし、もしかしてそのライバルたちはそのソフトを見つけることができないかもしれません。 ← レンタル屋でお目当てのソフトがなかなか見つけられない時ってありますよね(笑)

そんな理由から意外と簡単に手に入ってしまうという可能性が生まれます。  ←私はよくこの可能性を利用して、入手困難な携帯電話機種や本等を手に入れた経験を多くしています。

 ここでいう前者の物語が、株式投資であり、後者の物語が不動産投資だと考えてもらえれば分かりやすいかと思います。

 

 しかし良い物件を見つけられるかどうかは、自分の足(行動力)に関わってきますし、何にしろそれが良い物件なのかどうかを見分ける知識をまず身につけることが第一であることに変わりはないと思います。

ブログランキングへのワンクリック応援お願いします。 ⇒ 人気blogランキングへ

スポンサーサイト

| Dream Advance CEO の夢に進むブログホーム |

コメント

お疲れ様です!

スペチアーレさん


お疲れ様です!いつもご訪問感謝してます~♪
今日は応援にポチッと参上しました!

今後ともスペチアーレさん仲良くしてくださいね!

またお伺いします!^^お互いがんばりましょうね~

補完財と30代,40代の転職

補完財とは、互いに補完しあって効用を得る財のこと http://dubber.catvtestchips.com/

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://dreamadvance.blog99.fc2.com/tb.php/31-16ddaeca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。